■タスクバー、コンパネを含めた全てのClearType、フォントスムージングを無効にする

カテゴリ カテゴリ: Windows

「OSからメイリオを見えなくする」という手法を取っています。全てのアプリケーションでメイリオは利用不可になります。

次の通りレジストリを変更することで、タスクバー、コンパネを含めた全てのClearType、フォントスムージングを無効にできます。

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop]
"FontSmoothingType"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop]
"FontSmoothing"="1"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Fonts]
"Segoe UI (TrueType)"=""
"Segoe UI Bold (TrueType)"=""
"Segoe UI Italic (TrueType)"=""
"Segoe UI Bold Italic(TrueType)"=""
"Meiryo & MeiryoItalic & Meiryo UI & Meiryo UI Italic (TrueType)"=""
"Meiryo Bold & MeiryoBold Italic & Meiryo UI Bold & Meiryo UI Bold Italic(TrueType)"=""

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
"Segoe UI"="MS UI Gothic"
"Meiryo UI"="MS UI Gothic"


再起動完了後、全てのユーザー定義済みフォントがClearTypeやフォントスムーシングなしに表示されている筈です。

(゚Д゚)

レジストリファイルのダウンロード→ win7font-off.zip
(ダウンロードしたら、.zip に名前を変更してください)





日付2015.06.27 19:37 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

■XPからMSゴシックフォントをコピーする

カテゴリ カテゴリ: Windows

Windows Vista 以降のMSゴシックのフォントの改悪には本当にイライラさせられます。半角数字のフォントが異常なほど幅を狭められており、小さな文字だと猛烈に見にくくてなりません。というわけで、MSゴシックフォントをXPからコピーし、根こそぎ置き換えることにしました。

ただ、手順が結構大変だったりするので以下に記録しておこうと思います。

1)コマンドプロンプトを管理者権限で実行する
Win7までなら、スタートメニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」を右クリック→「管理者として実行」を実行します。
Win8なら、Winキー+Xで管理メニューを表示させ、「コマンドプロンプト(管理者)」を実行します。

2)コマンドプロンプトで以下のコマンド群を実行する
Vista以降のシステムフォントファイルは特別なファイルで、アクセス制御リスト(ACL)によってOSが管理しているため、そのままでは簡単に移動や削除ができません。
そのため、以下のようなコマンドを使用する必要があります。

takeown /F %windir%\Fonts\msgothic.ttc /A
icacls %windir%\Fonts\msgothic.ttc /grant Administrators:F
move %windir%\Fonts\msgothic.ttc C:\


1行目:フォントファイルの所有権を強制的に管理者にします。
2行目:フォントファイルのアクセス権(フルアクセス)を管理者に設定します。
3行目:フォントファイルを移動します。移動先はお好みで任意に変更してください。

3)代わりのフォントをインストールする
Windows XPの msgothic.ttc(version 2.30)をコピーし、必ず【正規の方法でインストール】します。
すなわち、右クリックメニューで「インストール」を選択するか、%windir%Fontsフォルダにドラッグ&ドロップします。
前述のようにフォントファイルは特別扱いなので、OS側でレジストリ変更などの特別な処理をします。
これをやらずにコマンドプロンプトのcopyコマンドなどで済まそうとすると、再起動後にOSの自動修復機能の餌食となるので、くれぐれもご注意ください。

4)再起動

(゚Д゚)

version 2.30 strange_font_1.png   version 2.5 以降 strange_font_2.png

リンク→ 探してみる

※)MSゴシックのバージョンが2.30になっているか確認して変わっていない場合はアクセス権変更後、別OSでブートして msgothic.ttc を上書きするしかないようです。 msgoth90.ttc 等にファイル名が変ってるときは同じファイル名に変えて上書きします。





日付2015.06.27 19:01 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

■自動フォルダタイプの設定を無効にする

カテゴリ カテゴリ: Windows

 Windows Vistaから搭載されたいろいろな機能の中で、もっともお節介かつ不要な機能ではないでしょうか。フォルダを選択すると、音楽フォルダとか画像ファイル とか表示内容が勝手に選ばれてしまい、アーティスト名だとか撮影日だとかが表示されるようになってしまいます。手動で設定し直しても設定内容を記憶してく れないという、どうしようもない機能です。Windows 7になったらもう少しマシになるだろうと期待していましたが、期待通りにはなりませんでした。

そういうときは、次の通りレジストリを変更することで、自動フォルダタイプの設定を無効にできます。

(゚Д゚)

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\BagMRU]

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell]
"FolderType"="NotSpecified"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell]
"BagMRU Size"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ShellNoRoam]
"BagMRU Size"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Shell]
"BagMRU Size"=dword:00000001






日付2015.06.27 18:45 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

■圧縮フォルダを無効にする

カテゴリ カテゴリ: Windows

Windows XPから、エクスプローラでZIPファイルやCABファイルが圧縮フォルダとして表示されるようになりました。Windows 7からはLZHファイルも圧縮フォルダとして扱われるようになりました。しかし、こちらはファイルだと思っているのに、いきなりフォルダとして表示されて も困るし、他のアーカイバソフトを使っていれば、必要のない機能です。

そういうときは、X-WORKS様が作成されたツールを使用するとよいです。すっきりします。

(゚Д゚)

リンク→ http://wiki.xworks.org/ (現在リンク切れ)

レジストリファイルのダウンロード→ disable_compressedfolder_for_w7.zip
(ダウンロードしたら、.zip に名前を変更してください)





日付2015.06.27 18:42 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

■タスクバーの働きを従来のものと同じにする

カテゴリ カテゴリ: Windows

 Windows 7のタスクバーはクイック起動と従来のタスクバーの機能が一体化されましたが、同じソフトを2つ起動させようとしてもできなかったり、右クリックすると以 前のコンテキストメニューの代わりにジャンプリストが表示されたり、マウスをタスクバーの上に置くとサムネールプレビューが表示されて画面の下の方が隠れ てしまったり、ファイルをドラッグしてもファイルが開かなくなってしまったり、ちっともいいことがありません。

そういうときは、RaMMicHaeL様が作成された、7 Taskbar Tweakerというソフトを使うとよいです。Windows 7の不便な機能を無効にしてくれます。

(゚Д゚)

リンク→ http://rammichael.com/

ダウンロードサイトへのリンク→ http://www.softpedia.com/get/Tweak/System-Tweak/7-Taskbar-Tweaker.shtml

窓の杜での紹介→ http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100106_340776.html





日付2015.06.27 18:17 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

■クラシックスタートメニューを復活させる

カテゴリ カテゴリ: Windows

Windows 7では、Windows 95から続く伝統のスタートメニューがなくなってしまいました。新しいスタートメニューは、最近使ったプログラムが表示されるのですが順番は勝手に入れ替わるし、フォルダ構造のスタートメニューは狭い枠の中でしか展開されなくなってしまい、非常に使いにづらいです。

そういうときは、Ivo Beltchev様が作成された、Classic Shellというソフトを使うのが便利です。ほとんど完全に、従来のクラシックスタートメニューを復活させてくれます。

(゚Д゚)

リンク→ http://classicshell.sourceforge.net/





日付2015.06.27 18:14 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

最新情報

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アクション/アドベンチャー
3位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

このページのトップへ